税理士試験 簿記論の難易度・勉強時間・受験対策を考えてみた

くもべぇ
くもべぇ

あの頃は楽しかったなぁ~

リューゴ
リューゴ

終わったからこと言えることだって

試験概要

会計科目の1つ。簿記に関する知識を問う試験です。

  • 受験者数は全科目の中で一番多い!
  • 財務諸表論と共に必ず合格する必要あり
  • 合格率も高め

簿記論合格者は、経理関係の就職・転職の際に、一定の評価が得られます。

 受験者数合格者数令和元年合格率平成30年合格率平成29年合格率
簿記11,7842,05217.414.814.2
財表9,2681,75318.913.429.6
所得1,65921212.812.313.0
法人4,26062714.711.612.1
相続2,89733811.711.812.1
消費7,45188411.910.613.3
酒税4926112.412.812.2
国徴1,67721312.710.711.6
住民4107819.013.514.3
事業3925814.811.011.9
固定86811913.714.913.3

勉強時間・難易度は?

予備校の参考学習時間は450時間とされております。

簿記の各種検定等の受験経験があるかないかによって、大きく変わってきます

日商簿記1級と毛色が違う試験ですが、その合格者なら難なく取得可能かと思います。

試験問題の内容

計算問題が100%です。

なお、計算問題は個別問題×2問、総合問題×1問という構成になっております。

各種簿記検定試験と構成は似ていますね!
なお、他の簿記検定試験でよくある原価計算は試験範囲ではありません。
大きな違いは、総合問題のボリュームが非常に多く、2時間ではとても解き終わらないというところでしょうか。

具体的な攻略法

合格までの道のり

私は、簿記2級取得済みの状態で、TACの簿財・完全合格コース(5月開講)での受講でしたが、公開模試では、大原・TAC共に上位10%以内でした

また、後輩(くもべぇ)も同様でした。

同じように学習していけば、合格は目指せるはずです!

5月~8月期

私の勉強時間

125H (簿財計250H平日2H休日3.5H程度)

私たちは完全合格コースで、この時期から勉強を開始していました。

少しでも早く勉強を開始できたことは、非常に良かったです。

5月からの学習であれば、簿記2級レベルを前提として2科目同時合格を十分に目指すことができると思います。

9-12月期

私の勉強時間

175H (簿財計350H平日2H休日3.5H程度)

基礎的事項を学習する時期です。

予備校では、「総合問題を何度も解くべし!」という指示がないかもしれませんが、それだけは、早めに対策しておくべきです。

基本は予備校の言う通りで大丈夫ですが、総合問題だけは、いち早く取り組みましょう!

「まだ基礎が整っていない」と思っていても、関係ありません。

私はこの時期の初めごろ(~10月)、個別重視の勉強をしており、後輩くもべぇには完全に遅れを取ってしまいました。

くもべぇの方が1か月ほど早く総合問題対策に取り組んでいましたが、その溝は最後まで埋まりませんでした。

1月~4月期

私の勉強時間

150H (簿財計300H平日2H休日3.5H程度)

この時期ごろから、他の受験生も総合問題対策を重視してきます。

しかし、基礎期におけるアドバンテージがあるので、自信を持って取り組みましょう!

基本的には、予備校の言うとおりに学習を進めていけば大丈夫です。

5-8月期

私の勉強時間

150H (簿財計300H平日3H休日4H程度)

この時期、難しい答練がどんどん出題されます。

が、難しい問題でも、上位10%ラインに乗っていければ、合格できます。

ここで重要なのは、「自分はだれよりも問題を解いているので、どんな問題が出ても勝てる!」という自信です!

自信をもって本試験に挑みましょう!

勉強時間は計600Hということになりましたが、本試験には自信を持って挑めるレベルになることができました。

総合問題対策

くもべぇ
くもべぇ

我々は総合問題は圧倒的に強かったっすよね。

リューゴ
リューゴ

まぁ君はいつも上位数%以内にいたね。

総合問題はスポーツと同じで、やればやるほど点数は上がっていきます。

従って、とにかく演習!が一番良い学習法かと思います。

市販の問題集(TAC3冊・大原2冊)
⇒難易度の低いものから挑戦していき、3回程度は解く
=そのとき、制限時間は必ず守る
(ちなみに私はどんな問題も大体1時間で解くようにしていました。)

なぜ、この方法が良いかというと、解けば解くほど総合問題のパターンが見えてくるからです。

なんやかんや言って、大体同じようなパターンで攻めてきます

「総合問題は個別問題を完璧に解けるようになってからやろう」と思っている方もいるかもしれませんが、それは間違い
(確かにある程度個別に解けるようにならないと挑戦できませんが。)

総合問題は総合問題。と、割り切り、早いうちから挑戦するようにしましょう!

意外と楽しい!

毎日計算問題を解くのは、ゲーム感覚でできるので、意外と楽しいですよ!

だんだん実力がついていくことを実感できることも楽しさの一つです。

個別問題対策

自分が受けている講座などの問題集を何度も解くことが一番かと思います。

簿記論は税法と違い、受験者数も多く、そこまで応用的な論点で差をつける必要はありません。

予備校の講師の言うとおりに、学習を進めましょう!

簿記論に関しては、ある程度「がむしゃらに」勉強することで十分合格可能かと思います

Q&A

「簡単な問題」だけ解いていけば受かる?

簿記論の学習をしていると、「簡単な問題」だけ解いていけば受かるという情報もちらほら入ってきます。
敵の弱点を探して確実に傷をつけていくイメージでしょうか。
その方法で合格をしている方も多くいらっしゃるようです。
(予備校でも推奨しています。)

簡単な問題は、ミスなく解答することが必須であることは間違いありません!

私の個人的なおすすめは圧倒的な問題量をこなすことで、全体的に解答し、得点を伸ばすこと

自分に合った方法で合格を手にしましょう!

受験資格がないのですが…

学歴や実務経験による受験資格がない場合は、全経簿記検定上級の合格を目指すのが良いかと思います。

日商簿記検定1級よりも難易度は低く、結構問題がパターン化されているため、比較的合格しやすいためです。

(なお、簿記論の試験範囲に含まれない原価計算を勉強しなければなりません。)

7月と2月の年2回行われていますので、早めに受験しましょう!

(合格発表は2か月以内とされています。)