勉強方法は自分で考え自分で見つけよう~本やネット情報を見るよりずっと近道~

大学受験や資格試験などの勉強方法。
「今までやってきた方法」を単純に続けている場合は要注意。
非効率的な勉強方法を続けてしまっているかもしれません。
常に最善の勉強方法を探すことで、より良い形となってきます。

さて、勉強方法を改善しようとするとき。
皆様はどのように改善を図りますか?

「まずは本やインターネットで調べる」という方も多いでしょう。
それも非常に良いことです。
でも実は、自分にとって最善の方法を見つけるやり方は、自分で考え自分なりの方法を編みだすことです!
ぜひ皆さんも、自分なりの勉強方法を確立しましょう!

自分で考えるのがベストな理由

「自分の勉強方法は自分で編みだすのがベスト」
そう言われると、「本当にそうかな。」と疑問に思う方も多いでしょう。

「世の中では頭の良い人が多くの書籍を出していますし、素人で凡人の自分が考えた策よりも、他人の方法のほうが良いのでは?」
「最高の方法は本やインターネットに落ちているハズ。」
そんな風に考えてしまいますよね。

しかし、自分の勉強の問題点や、自分の直面している課題を一番知っているのは自分自身。
そしてベストな方法は、人によってそれぞれ異なります。

そのため、自分の目的に応じて、自分にとって必要な方法を真剣に考え、その方法を実践していくことが一番近道なのです。

自分で最善の方法を見つけるやり方

「自分で考えた解決策なんかで本当に良くなるの?」と思う方もいるかもしれません。
しかし、頭を使ってよく考えれば、意外と答えは出てくるもの

これを読んで思うことは「当たり前のことが書いてあるだけじゃないか」ということかもしれません。
意外と見失いがちな本質を、もう一度確認しましょう。

下記がその手順です。

①ゴールを確認する

②課題を見つける

③解決策を考える

①ゴールを確認する

まずはゴールを確認しましょう。
例えば、税理士試験の簿記論合格であれば、本試験で上位10%以内に入ること。
そのためには常に模試で20%以内に入ることを目標にしよう、といったゴールの確認です。

どれくらい勉強時間を確保する必要があるかや、どんな風に勉強を進めて行けば良いかを想像しましょう。

「ゴールまでの道のりのイメージが湧かない」
そういうとき、イメージを得るために、人の体験談などを読むのも良いでしょう。
ここで重要なのは、「なんとなく人の体験談を見る」のではなく、「ゴールを意識する」という目的から。
既にイメージが湧いていれば見る必要もありません。
「まずネットで調べる」のではなく、まず自分なりの答えを出す、自分なりのイメージを作ることがおすすめです。

②課題を見つける

ゴールを確認したら、自分の課題を見つけましょう

例えば、「夏休みは毎日図書館で勉強している」場合。
「暗記や教科書を読んでいるが、勉強時間は確保しているのに、いまいち得点が伸びない」と感じているとします。

そのとき、何を改善すべきか、という課題を見つけましょう。
よく考えれば色々と浮かんでくるはず。

例えば、
・だらだらと勉強するのではなく、もっと集中すべきでは?
・点を伸ばすには過去問や演習を何度もとくべきでは?
・問題演習をやることにストレスを感じてしまい、つい逃げてしまっている。それも改善しよう。
といった内容です。

時間がない中、いかに効率的に勉強するか⇔時間はあるけど、どうすればやる気がでるか
勉強自体は好きだけどいまいち点が伸びない⇔テストは得意だけど勉強のストレスをどうにかしたい
こんな風に自分の課題は自分の性格や環境によっても全然異なります。

③解決策を考える

②で自分の現状を見直したら、その課題を改善策を考えるのです。
それについて、①の目標の達成を意識して、どうすべきか考えましょう。

・とにかく午前中に2回、演習に取り組んでみよう。

集中して取り組んだら、その後は休憩しよう

演習から逃げないために、明日やる問題を決めておけばいいのでは?

などと考えるのです。
その上で「やろうとしたがうまく集中できない」といった課題が現れれば、集中力の本を参考にしたり、ネットで調べたりするのです。
そうすると、「場所を変えれば良いのか」などといった発見も得られるでしょう。

このとき、目的なく勉強方法の本を見ても、得られる効果は薄いです
今の課題は集中力であるのに、「効率的な暗記法」を読んでしまったりして、方向性をも失ってしまうのです。

答えを探す前に、まず自分の頭で考える、という作業は間違いなく必要。
仕事で課題を解決するときも、生活で起きた課題に対応するときも、自分で考える力があれば、ある程度見通しを立てられるようになります

確かに簡単な課題であれば、「ネットで調べたほうが早い」です。
しかし、勉強方法は自分だけの特殊な課題
自分なりのベストな方法は、自分で考えるのが一番近道です!

余談ですが、自分でブログを書いていて気付いたことは、「本やブログで方法を紹介している人は、自分にあった自分なりの方法を、分かりやすくアレンジして発信しているだけ。」ということ。
よく「最高の方法!」として紹介されていても、「そうでもないな。」と思うこともよくあります。
しかし書いた本人は、きっと本当に「最高の方法」だと思っているのでしょう。

そのため、本当に必要なことは、自分にとっての最高の方法を自分で見つけること。
それさえできれば、きっと高い成果を生み出せるでしょう!

まとめ

今は情報が溢れる時代。ついそんな情報に惑わされがちです。
しかし自分にとって役に立つものは限られています。

そのため、「まずは自分で考えること」が非常に重要なのです。
常に自分なりの最高の方法を考え続けることが、成長をするための秘訣と言えるでしょう!