仕事を楽しむにはコツがいる!~ゲームやスポーツもいいけど仕事だって楽しめる~

人生の中で多くの時間を占める「仕事」。
それなのに、「仕事が面白い」なんて言っている人は圧倒的少数。
友人などに仕事の話を軽く聞いても、大抵は良い反応は戻ってきません。
仕事をしている時間の長さを考えると、「仕事が楽しめたら相当生活が楽しくなるのでは?」と思いませんか?

実は仕事だって、楽しみ方を知れば、楽しむことはいくらでも可能。
いきなり転職をしなくても、仕事を楽しむことは可能。

しかも、仕事を楽しむことができるようになると、スキルもアップして自信につながるなど、人生にとって良いことばかりです。

「今仕事が楽しめていない」という方は、ぜひ仕事の楽しみ方を知っておきましょう!

仕事を楽しんで得られること

さて、まずは仕事を楽しむことができると、どのような効果があるのでしょうか。
仕事の楽しみ方を知る前に、その得られる効果を見ていきましょう。

①人生が楽しくなる

仕事の楽しみ方を知れば、人生は確実に楽しくなる、と言えます。
当たり前ですが、同じ時間同じ仕事をするなら、楽しいと感じる場合のがつまらないと感じる場合よりも、長い時間、楽しい人生を送れていることとなります。

プラスして、休日も仕事への不満などを抱えなくてすむため、より楽しく過ごせるようになるでしょう。

②仕事に対してより積極的になれる

仕事を楽しむことができると、仕事に対してより積極的になることが出来ます。
そのため、仕事の質も上がり、スキルも向上します。

逆に、仕事を楽しめないと、危険なことに。
「仕事がつまらない」といった消極的な気持ちが心の中に充満し、仕事から逃避するようになると、だんだん期限も守れなくなったり、中途半端な仕事をするようになったりしてしまいます。
そのようなことが常態化すれば、やがて仕事が任されなくなったり、辞めざるを得ない状態になることも。

そのようなことにならないためにも、「ある程度仕事を楽しむ」ということは必須と言えます。

③人生が自由になる

仕事を楽しむコツや方法を掴むと、縛られる生き方をする必要がなくなり、人生はより自由になります。
仕事を楽しんでいれば、自然とスキルはアップしますし、転職への抵抗も減り、だんだん自分は仕事に対して自由なんだ、という気持ちになって行くでしょう。

なお、仕事が楽しい!と言っても、ゲームや漫画と同じように楽しめるものではありません。
ツラい要素だって当然あります。
しかし、多少のツラさを乗り越えてこそ、人生張りもあって楽しい、という部分だってあります。
いずれにせよ、仕事を楽しむには下記で紹介するような工夫が必要となってきます。

仕事を楽しむコツは?

この記事では、多くの職種に共通する、一般的なコツを紹介させていただきます。
自分の環境を変えずに実践できる、リスクのない初級編、実践する際は見極めも必要な上級編に分けて紹介いたします。

初級編

なんのリスクもなく、実行できますので、「自分も仕事を楽しめるようになりたい」と思っているような方は、ぜひ試してみてください!

①スキルを高めること

まず、仕事を楽しむために重要なことは、知識を身に着け、スキルを磨くことです。
スポーツだってゲームだって、上達してレベルの高い技術を身につけることが出来たら、その楽しみも倍増しますよね?
仕事だって同じです。

スキルが向上すると、下記のように多くの良いことがあります。
・高い成果を出せる
・仕事で成功することができる
・知識が向上し、「無意味に感じる作業」の意味を知り、面白みが増す
・周囲からの信頼を得られる
・よりレベルの高い仕事に挑戦できる
・さらなるスキルアップができる

スキルアップするためには、まずは仕事をしながら、自身のスキルアップを意識するだけでOK。
業種によっては、資格勉強をすることも良いでしょう。
スキルアップをすることでどんどん仕事が楽しくなることは間違いなしです!

②メンタル面をケアする

仕事を楽しむ前提として、メンタル面をケアすることが非常に重要となります。
不安やストレスを抱えていたら、楽しめるものも楽しくなくなるためです。

例えば、現実において、恐竜などの狩りをする状況となったとします。
そのときは、命の危険に対する不安や肉体的な苦痛の大きさから、面白いなんて全く思えないでしょう。
しかし、ゲームで狩りをするなら、(多少イライラする場面もあるかもしれませんが)ただ面白いだけですよね?
それは上記のような苦痛な要素がないため。

それと同じで、仕事も不安やストレスがなければ意外と楽しめるものです。
そのため、メンタル面をケアすることが、仕事を楽しむためには非常に重要な要素となってきます。

休日に仕事のストレスなんてどうでも良い、と思えるくらいの気分転換が出来ている状態であればOK。
友達と食事に行ったり、カラオケに行くなど、自分なりの気分転換の方法を知っていれば、なお良いでしょう。

強いストレスや不安を感じるような職種であれば、積極的に自分の心をケアする必要性があります。
そのような場合には、下記のような対策は必要かと思います(括弧内は私が行っていることです)
・不安を感じないような対策を取ること(タスク管理を見える化するなど)
・ストレスを除去する方法を知ること(サウナ+水風呂など)
・メンタルを強くし、不安を感じにくくすること(自分のストレスとなるものを研究すること・ボルダリングをすること)

上記のような対策をしていれば、仕事のネガティブな部分が薄れ、楽しい部分に目が向くようになるハズです。

③日々工夫をする

仕事を楽しむためには、「どう進めればより良くなるか?」ということを考え、工夫をすることが必要です。
「ただやらされたことをやっているだけ」という状況では、全然仕事を楽しめないでしょう。

どんな仕事であっても、自分なりに工夫をすることは可能です。
そして、それによって、より効率化されたり、よりサービスが向上したりすれば、仕事も楽しくなるでしょう。

「お客様のため」「仲間のため」といった気持ちで働くのも良いですが、それをメインの軸にすることは、私はおすすめしません。
なぜなら、「〜のため」と思って仕事をしていても、相手は「あなたのおかげ」と思ってくれる率は低いため。
(サービス業などでは、「お客様のため」ということを最上位に考え、高いパフォーマンスを得られる、ということもあるかもしれませんが、)あくまでも「自己満足」がベースになっているほうが、モチベーションにブレが生じないように思います。

上級編

今の環境を変えずに楽しめるのが初級編でした。
なお、仕事をもっと楽しみたい!という方には、上級編があります。
上級編は、リスクや期待以上の効果が得られないケースもあります。
そのため、自分の性格なども考慮し、慎重に実行をしましょう。

①大きな目標を持つ

大きな目標を持って仕事をしていると、日々の仕事が圧倒的に楽しくなります。
私も、いずれ税理士法人を設立して、どれくらいの規模にして、といった目標を持って仕事をしています。

それがあると、仕事生活が楽しくなるだけでなく、日々生じる問題も大したものでないように感じます。

本気で目指す大きな夢や目標があれば、また別の負担やストレスが増えることも事実です。
わざわざ挑戦しなくて良いことに挑戦する必要もあり、挫折して大きなストレスを受けることも。
そのため、こちらは上級編と言えます。

②会社に縛られる必要のない高度なスキルを身につける

こちらは初級編「スキルアップ」の延長となります。
例えば、高レベルな資格・士業系の資格を取ることや、高度な知識を必要とする経験を積むことなどです。

高度なスキルを身につけることができれば、転職はいくらでも可能となりますし、自分が主体となって仕事をすすめることが可能となります。
そのため、上司などを気にするストレスや、将来への不安などは、ほとんど気にする必要もなくなります。

なぜこちらが上級編なのかと言うと、高度なスキルを身につけるためには、プライベートな時間を相当削る必要が出てくるためです。
このようなスキルを得るには、相当の努力が必要となることとなります。

ただしこちらも、期待するような効果が得られない人もいます。
相当の努力が必要なことですので、それに見合った効果が期待できるかや、自分の生き方に合う方向性か、といったことは、事前によく検討をしましょう。

③型に縛られない仕事をする

枠組みにはまって仕事をするのではなく、自分なりのスタイルをもって仕事ができるようになれば、仕事はもっと楽しめます。

例えば、最近では、在宅勤務が普及していますが、グリーンをおいたり、集中できる音楽を流したり、立ちながら仕事ができるデスクを用意したり、といったように、いくらでも空間を快適にすることが出来ます。
また、広く人脈を築けば、その人脈の中でフリーに仕事をすることができますし、会社で立場が上がれば不合理なルールだって修正することもできます。

なお、こちらが上級編なのは、実行をすることがそもそも難しい部分も大きいため。
ある程度のポジションを確立できれば、融通も利くようになりますが、なかなか実行が難しい部分は大きいでしょう。
それでも、もっと自由にして良いことを、自分で勝手に自分を縛っているパターンは多くありますので、一度自分の生活全体を見直してみるのも良いでしょう。

中には、守るべきルールを守らず、勝手に型に縛られない生き方を実践している方もいます。
しかし、他人に迷惑をかけることはNGです。
また、直接迷惑がかかっていなくても、逸脱した行為をしていれば周囲から反感を買うこともあります。
実践の際は、しっかりとその部分を見極めながら行うようにしましょう。

安易な独立は幸せか?

ここで紹介した内容を見ると、「では独立すれば良いのでは?」と思う方もいるでしょう。
しかし、安易な独立はおすすめしません。
上記でもあるように、仕事を楽しむためには不安要素をなくすことも必要。
安易に独立をすれば、不安定でリスクの大きい状態となってしまいます。
また、自分の時間だって少なくなる可能性は大いにあります。
確かにより楽しめるポテンシャルはありますが、独立を検討する際は、より綿密に計画し、安易に行わないことをおすすめします。

まとめ

「仕事を楽しむ」と簡単に言っても、なかなか単純には出来ないことです。
ここでは書ききれないくらいのコツや工夫があります。
また、業種や社風の違いによっても、どう楽しむか、というポイントは大きく異なります。

しかし、仕事は楽しんだほうが良い、ということは間違いありません!
どうすればもっと楽しく仕事ができるだろうか、と悩んでいる方は、ぜひ、この記事も参考にしてみてください。