会計業界の転職は?武器と防具は資格・経験、プラス転職の知識!

安定企業が大赤字をだしたり、多くの会社が倒産したり。なかなか不安定な世の中になっています。
家族もいるのに、急に職を失うことは、なかなか恐ろしいことです。
会計分野で活躍されている皆様でも、常に会社の業績に触れながら、同じような不安を抱えている方は多いでしょう。

しかし、会計業界について言えば、少し努力をするだけで、不安定な世の中を恐れる必要がなくなる、という事実を知っているでしょうか?
一度も転職について検討されたことがない方は、まず、この業界のメリットを知っておきましょう!

会計業界は、転職がしやすい!

会計業界で働く方の中には、事務系は働きやすい、ですとか、学校で勉強したから、といった、大きな理由もなく、この選択肢を取った方も多いでしょう。
しかし、この業界にはほかにもメリットがあります。
それは、下記のように、実は転職がしやすいという点です。

1どんな会社にも必要な人材である

まず、会計という仕事の大きな特徴は、「どんな会社にも必要な仕事である」ということ。
どんな規模、どんな業界の会社であれ、会計という仕事は必ず必要です。
そのため、いたるところに潜在的な働き口はあります。

2経験が活かせる

そして、働いて得た経理経験などの実務経験は、幅広く活かすことができます。
なぜなら、業界の特殊性は当然ありますが、基本的には会計の基本的構造は、どんな会社でも同じであるためです。

転職市場では、即戦力が求められますが、一定の経験さえあれば、多くの会社で、即戦力として活躍することができるでしょう。

3資格が公平に評価される

そして、会計業界では、資格が公平に、かつ、高く評価されます。
なぜなら、資格さえあれば会計に対する知識があることの証明にもなりますし、それが実務の力にも直結するためです。

資格の取得は努力が必要ですが、勉強をすれば、だれでも合格を目指せるものです。
どんなに知識や経験があっても、資格がないと知識について客観的に示すことができません。

一度取ってしまえば、あとからもう一度取る必要はありませんので、会計業界で生計を立てる上で不安を軽減するために、資格取得に力を入れることも多少でも資格を持っておくことをお勧めします。

しかし、転職に対する知識が何もなく、ただ日々の業務をなんとなくこなすだけの仕事をしているだけでは、転職市場でもなかなか評価してもらえないのも現実です。
それでは、転職市場で評価されるためにも、どのようにすべきでしょうか?

転職という選択肢を持つべき理由と、転職市場で勝つためにまず知るべきこと

日本も転職が当たり前な時代となってきましたが、まだまだ転職に抵抗を持つ方も多いでしょう。
「年功序列が一番良い働き方」、という考えの方もいらっしゃるかと思いますし、「転職ってなんだか怖いな。」という方もいらっしゃるハズです。
(実は私もそうでした。)

そういった方も、転職という選択肢は、一度検討すべきです。
なぜなら、その選択肢を知るだけで、将来の備えにもなり、キャリアアップの可能性を広げることにもつながるためです。

転職という選択肢を持つべき理由は下記です!

①「転職できる力」はこの時代の防具として必須

転職することができる、という力があれば、いきなり現職を失うような事態となっても、すぐに対処することができます。

まず、私たちは不安定な時代を過ごしています。
どんなに安定していると言われている企業も、急に生活スタイルが変われば、商品などの需要が急になくなることはよくあります。

そんな時代では、転職をすることがいつでも可能、という力や、自信を持つことは、非常に重要。
それは、生活の安定、精神的負担の軽減といった観点からも、必要なこの時代の「防具」となるでしょう。

②「転職できる力」は、キャリアアップのための武器!

転職できるような力をどんどん上げていくことで、消極的な転職ではなく、キャリアアップのための積極的な転職をすることも可能となってゆきます。

そうなれば、転職によって人生を充実させることも可能ですし、より自由な人生を選択することが可能となるでしょう。

→転職市場で勝つためには、転職の知識は先に身に着けておくべし

「いきなり転職」という事態になることは、大きなストレスにもなりますし、特に「一生この会社に勤める」といった風に考えていた方は、大きな覚悟が必要です。
そんな中、まず必要なことは、転職についての知識を身に着けておくこと。

今後何が起こるか分からないこんな時代の中で、いざと言うときのためにも、転職についての知識を、前もって身に着けておくことが必要と言えます。

とはいえ、私も転職経験は一度しかありません。
会計業界での転職については、下記のブログなどを参考にしてみましょう。

私の経験談

私は、どちらかと言えば、ずっと同じ会社で勤めるのが当たり前、といった考えで就職し、ある程度安定した企業に就職しました。
その中で私は、将来会社が倒産したらどうしようか、といった、不安な気持ちや、このままやりがいのない仕事を続けいていいのだろうか、という気持ちも持っていました。

それと同時に、資格を取得しただけでは現状は変わらないのでは?という疑問もありました。
そんな中、会社の指示により、資格取得を目指すこととなりました。

資格取得後の現状

私は会計業界での転職市場について全く調べることはしませんでした。
(私は途中から、税理士試験に合格すること以外は全く考えず生活していたためです。)

その後、私は税理士試験の科目を3科目取得し、いざ転職をしようとしたときに感じたことは、「こんなにも資格を持っていることが転職に有利に働くのか」ということ。
この事実は、会計業界で働く方々は、まず認識しておいたほうが良いのでは?と私は感じました。

人はそれぞれ、急にライフスタイルが変化したり、急に会社の業績が悪くなったり、自分の想定してない事態が発生したりします。
また、急に今の仕事が物足りなくなって、もっと違った働き方がしたい、と思うこともあるでしょう。

そんな中、先にそのような転職市場の特性について、前もって知っておくことは、必ず役に立ちます。

まとめ

人生は遊ぶことも重要ですし、勉強や努力ばかりすべし、とは私は思いません。
しかし、人生において安定は重要ですし、キャリアアップを通じて仕事で楽しむことも人生を楽しむために重要なこと。

そんな中、転職に関する知識を少し知っておくだけで、いざというとき間違いなく役立ちます。
もし、経理職など、会計業界に身を置いているのであれば、一度この業界の転職について研究してみてはいかがでしょうか?